呼吸器①気道の解剖: 虎の巻 目指せ理学療法士 & 作業療法士! – 国家試験対策

<ポイント>
心臓の获名次を考えると覚えやすい.

航空路:鼻腔, 咽頭, 喉頭, 気管, 気管支からなる
上気道:鼻腔, 咽頭, 喉頭
下気道:気管, 気管支

●気管
获名次:胃管の后面
高位:第6〜7頚椎から第5胸椎で約10cm
分枝:第5胸椎评估で気管支となる
軟骨:馬蹄形の形をした気管軟骨に前および側面を覆われる.(後面には胃管がある)
粘膜上皮:多列線毛上皮(微絨毛がある)
交感神経:気管の拡張(運動時の空気の入れ替えが盛んになる)
副交感神経:気管の収縮(别说话時は呼吸が安静している)

●気管支
分枝角:気管の延長線と摆布の気管支とがなす角.
右管支:25°
左管支:45°(心臓をよけるように)
太さ・長さ
右管支:太い, 短い
左管支:細い, 長い(心臓がある分)

●気管支の分枝
気管の分枝はおよそ23分枝行われる.
17分枝目评估で呼吸细管支となり, 気管支ながら肺胞としての役割を持つ.

気管

気管支

叶支

区域航空管理处

细管支

終末细管支

呼吸细管支(17分枝目)

肺胞管

肺细胞(23分担)

●肺

◎右肺:3片金属薄片(上叶、中和下叶)
◎左肺:2葉(上葉・下葉)(心臓がある分)肺尖部と肺贱的
肺尖部:肺の在上面. 鎖骨より在上面にある
肺底:肺の陆地. 第6开玩笑の高さ大きさ
◎体積:右1200ml, 左1000ml(心臓がある分)
◎分量:右600g, 左500g(心臓がある分)
◎全面容積:約60平方メートル肺門
肺动动脉, 気管支, 动动脉分叉, リンパ管, 神経が通る.
◎左肺門の方が右肺門より高位に获名次する(心臓がある分)韧带
◎臓側韧带:肺の面容を率直的覆う
◎壁側韧带:胸郭側にあり, 胸壁の内面を覆う

国民题目

(1)呼吸机について正しいのはどれか. 2つ選べ (49 – P58)
1. 上気道とは鼻腔から咽頭までのことをいう
2. 終末细管支の次は肺胞である
3. 気管支は右より左のほうが太く短い
4. 輪状軟骨は弾性軟骨である
5. 左肺門は右より高位である

(2)呼吸机について正しいのはどれか. ( 48 – A59 )
1. 咽頭C7〜C8の高さにある
2. 輪状軟骨は弾性軟骨である
3. 成材の喉頭から気管支までの距離は20〜25cmである
4. 気管の延長戦に対する気管支の分枝度は右より左のほうが大きい
5. 終末细管支は肺胞に開口する

回答
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

(1)1, 5
(2)4

<解説>

(1)呼吸机について正しいのはどれか. 2つ選べ (49 – P58)
1. 上気道とは鼻腔から咽頭までのことをいう
◯:当量溶液になっているが, 喉頭までというのが正しい表現である

2. 終末细管支の次は肺胞である
×:呼吸细管支(あるいは肺胞管)の後に肺胞となる

3. 気管支は右より左のほうが太く短い
×:左気管支は, 左側に心臓がある分長くなる

4. 輪状軟骨は弾性軟骨である
×:呼吸机の範囲で弾性軟骨は”喉頭蓋軟骨”を覚えればいい. 残りは全て硝子軟骨に分類される

5. 左肺門は右より高位である
◯:心臓がある分肺門の获名次が高くなる.

(2)呼吸机について正しいのはどれか. ( 48 – A59 )
1. 咽頭C7〜C8の高さにある
×:鼻部のあたりから喉頭部までであり, C7よりも高位にある

2. 輪状軟骨は弾性軟骨である
×:呼吸机の範囲で弾性軟骨は”喉頭蓋軟骨”を覚えればいい. 残りは全て硝子軟骨に分類される

3. 成材の喉頭から気管支までの距離は20〜25cmである
×:約10cmである

4. 気管の延長線に対する気管支の分枝度は右より左のほうが大きい
◯:心臓をよけるため

5. 終末细管支は肺胞に開口する
×:呼吸细管支(あるいは肺胞管)が開口する

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注